出会い系

出会系 警察

出会系 警察

出会い系サイトで知り合って関係をもった相手が18歳未満であった、或いは、サイトの掲示板に隠語を使わずに援助交際を誘うような書込みをしてしまった。

ですので、出会いサイトを介して知り合ったので児童ではないだろうと安易な考えで性行為に至ると、実は児童買春や淫行などの犯罪に知らぬ間に手を染めてしまうこともあるのです。

おすすめしたいのは目的別に以下の3つの出会い系です。

これらは、青少年保護育成条例(淫行条例)や児童買春禁止法、出会い系サイト規制法に触れ、犯罪として警察に逮捕されるリスクがあります。

警察官の方は、職業の性質上真面目な人が多く、職場に女性が少ないので男性慣れはしていない方が多いです。そのため、見た目を落ち着いた格好にしたり、言葉遣いを丁寧にして、真面目で清楚な感じをアピールしましょう。

では、実際に被害に遭ってしまった方はどうすればいいのでしょうか。筆者は、一人で抱え込むのではなく「警察」か「弁護士」に相談することをおすすめします。

ちなみに、警察官は職業柄、警官であることは簡単に明かさない方も多いため、公務員として登録している方もいます。

人によっては「出会い系」を舞台にした被害のため後ろめたさを感じ、警察に相談できずに恐怖に怯えている方もいらっしゃるかと思います。

また、趣味嗜好をアピールできるコミュニティ機能では「警察官大好き」「警察官の彼女になりたい」といった、警察官と付き合いたいことをアピールできるため、警察官の方からアプローチをもらうこともあります。

恐喝とまではいえないものの、「裁判を起こす」「差押をする」といった不安を煽る文言で身に覚えのない高額な利用料を請求してくる出会い系サイトがあります。

警察官は、交番勤務だと土日休みではないシフトになったり、事件が発生すれば休日でも対応しないといけないなど、勤務時間が不規則な仕事です。

しかし現実的には、自分の名前や住所や職場を出会い系サイトで知り合った素性の分らない人に教える人は少ないものです。

ネットへの流出やそれを示唆した恐喝、肉体関係の強要、その他、出会い系サイト業者から詐欺まがいの損害賠償請求など様々なリスクが待ち受けています。

実は、警察には「サイバー犯罪相談窓口」と呼ばれる、インターネット上の犯罪を対処する組織があり、『こちら』の各都道府県の相談窓口を検索したり、相談することが可能です。

出会い系で知り合った女性と関係をもったら後から夫を名乗る男性が出現し、不倫の慰謝料の名目で恐喝してくることがあります。