出会い系

LINE乗っ取り防止 設定

LINE乗っ取り防止 設定

友だち登録をしている相手から怪しげなメッセージが来た場合、その人のアカウントが乗っ取られている可能性があります。LINE以外の手段がある場合は直ちに乗っ取りの可能性を本人に伝えた上で、乗っ取り犯からの依頼には応じないようにしましょう。

しかし、今回のLINE乗っ取りでは、乗っ取られたユーザーも被害者ですが、善意につけ込まれて電子マネーカードを買わされた友だちにとっては加害者になってしまいます。まずは友だちからのメッセージを冷静に読み、違和感がある場合には別の連絡方法で確認するといった慎重さが求められます。これはSNSに限らず、インターネットの利用全般において注意すべきことといえます。

突然ユーザーのもとに、「お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。こちらのURLをクリックしてください。LINE安全認証」といった文面のメールやLINEトークが届き、この「LINE安全認証」のリンクを踏んだ先のフィッシングページへ誘導します。

など、対策を事前にとっておきましょう。
鹿児島県警から出ている、LINE乗っ取り被害拡大防止に係わる被害警報の資料もあわせてご確認ください。

LINEに限らず、パスワードを必要とする各種サービスでは「パスワードを使い回さないで」とアナウンスされています。これはパスワードリスト攻撃を防ぐためのもので、LINEにはLINE固有のパスワードを設定しておきましょう。

LINEでは、PCやタブレットから利用したり、機種変更時に引き継ぎをおこなったりするため、メールアドレスとパスワードを設定する仕組みが採用されています。流出したリストの中に、LINEで設定しているものと同じユーザーID(メールアドレス)やパスワードが含まれていたため、不正ログインに利用されたようです。

LINEの乗っ取り被害に遭ってしまうと、悪意ある第三者によって友だちに詐欺行為をはたらいたり、さらにはアカウント削除などがおこなわれたりする可能性があります。

不審なメッセンジャーの連絡には対応しないようにしましょう。また友人へFacebook以外の連絡手段(電話・メール・LINE)を知っていたら、不審なメッセージが送られていることを伝えてあげましょう。

LINEを使っている方であれば、多くはメールアドレスを登録してるはずです。ただし、LINEにログインする際に求められる情報と言えば、メールアドレスとパスワードです。つまり、メールアドレスが知られてしまうと、あとはパスワードだけとなり、簡単にログインされてしまうのです。

今回の事件では、犯人はまずPC版LINEやウェブストアに不正ログインを試みて、成功したらスマホで「乗っ取り」をおこなっていたようです。そこでLINEでは、PC版LINEやウェブストアにログイン、またはログインに失敗するたび通知が届くように対策しました。

自分のLINEアカウントが乗っ取られているのではないかと疑われる場合は、ログインできるか否かによって対応が分かれます。

ログインしようとしたら「利用することができません」と表示されて、ログインができない場合には、第三者がスマートフォンでログインしたと思われます。LINEではひとつのアカウントを複数のスマートフォンで使うことができないので、すでに第三者のスマートフォンにすべてのデータが移行されている可能性が高いといえます。また、パスワードを変更されてしまった可能性もあります。

PINコードは、スマートフォン版のLINEアプリでのみ設定できます。

LINEの乗っ取りをたくらむのは、サイバー犯罪者が多いようです。そして、乗っ取りによってサイバー犯罪者が行うことは、LINEの「友だち」に「電子マネーを買わなければならないのだが、忙しくて買いに行く時間がない。代わりに電子マネーを購入して、その番号を教えてもらえないか」というメッセージを送ることがもっとも多いようです。これにより現金を得ようというもので、もちろんこれは犯罪です。

以前、急速に広まったLINEアカウントの「乗っ取り」被害と、それを利用した詐欺事件。騒動は収束したようにみえますが、不正ログインによる悪質な攻撃がなくなったわけではなく、巧妙な乗っ取りの新手口(なりすまし)なども登場しています。