出会い系

米山さんが自身のツイッターで明らかにした

米山さんが自身のツイッターで明らかにした

作家でタレントの室井佑月さん(50)と前新潟県知事の米山隆一さん(52)が近く入籍することが9日、分かった。米山さんが自身のツイッターで明らかにした。

愛知県出身の米山さんがリンゴ農家となったのは、リンゴ園を営んでいた奥さんのお父さんの死がきっかけでした。「亡くなる前に〝娘と家族を頼みます〟と言葉をもらったことで、跡を継ぐ意思が固まりました。安曇野には妻との交際期間中、何度も訪れたことがあって気に入っていましたし、農業を通じて人の役に立てると思ったんです」。その後は、2年間の里親研修を経て独立。独立後は、研修で出会った仲間など、周りのサポートが心強かったといいます。これからは新規就農者と昔からの農家とのパイプ役になりたいという米山さん。「作物を育てながら、人も育てていきたい。そして、この産地を守っていけたらと思っています」。

価格:700円/720ml
米山さんが甘味3兄弟・酸味3兄弟と名付けた6種類のリンゴをブレンドし、すっきりとした味わいに仕上げた。

米山さんはツイッターで、一部報道で自身の結婚が報じられていることを受け、「新型コロナの事がありますので余り大事にしない様にと思いご報告を控えておりましたが報道されている通り室井佑月さんと近日中に入籍の予定です」「ここまで様々に支えて下さった皆様に心から御礼申し上げます」などと投稿した。

一等三角点の秀麗な山。
柏崎市と上越市柿崎区にまたがってそびえます。
民謡が好きな人なら一度は聞き覚えのある「米山さんから雲が出た」の名調子で有名な「三階節(さんがいぶし)」や「米山甚句(よねやまじんく)」に歌われ、広くその名が知られる米山。
山頂には日本三大薬師(やくし)の一つ米山薬師堂(よねやまやくしどう)が建ち、豊作などを祈願する米山講中の人たちによって古くから登られてきました。刈羽黒姫山(かりわくろひめやま)、八石山(はちこくさん)とともに刈羽三山(かりわさんざん)に数えられています。大平・吉尾・谷根・野田・柿崎の5つのコースがあります。

リンゴ畑の中を走る三郷小倉地区の室町街道を上っていくと、元陸上自衛官の米山竜也さんが営む米山農園があります。農園に着くと、そこには寸暇を惜しんで作業に勤しむ米山さんの姿がありました。まず驚いたことは、その整然とした農園の美しさ。除草した木の下の茶色と、短く刈った通路の芝とのきれいなコントラストからは、米山さんの丁寧な仕事ぶりがうかがえます。「〝いつだれが来ても、園地がきれいであること〟を心掛けているんです。実は今、病害虫調査の試験圃場になっているんですが、うちの畑からはほとんど虫が捕れなくて。園地をきれいにしておけば、農薬に頼らなくても栽培ができるんです」。