出会い系

with 非表示

with 非表示

ブラウザ版から非表示したトークルームはモバイル版、PC 版アプリには反映されません。

▲左:iPhone画面、右:Android画面。「非表示」にしたいトーク上でiPhoneの場合は左にスワイプ、Androidは長押しすることで「非表示」の選択欄が表示。

この両機能の違いを理解しておかないと、「非表示」にすれば済むことなのに相手を「ブロック」してしまい、友だちとの関係性を悪化させてしまいかねません。また、「ブロック」しないと意味がないのに「非表示」にしてしまい、無駄なストレスを抱えることにもつながります。

一度非表示にしたLINE友だちを再表示させることも可能。LINEアプリのホーム画面にある[歯車アイコン] → [友だち] → [非表示リスト]の順にタップし、再表示させたい友だちの横にある[編集]を押して[再表示]を選択すればOK。

LINEアプリのホーム画面の友だちリストから、非表示にしたい友だちを長押し。ポップアップが表示されるので、その中にある[非表示]をタップすれば完了です。

何気なく公式アカウントを追加していると、メッセージが頻繁に届き、わずらわしい事態に陥りがちです。そこでやってしまいがちなミスが「公式アカウントを非表示にして、トークを削除する」というものです。

LINEトークの「非表示」は、トークリストを整理したいときに使う機能です。スタンプを無料ダウンロードするためなどを理由にLINE公式アカウントの追加が増え、トークリストがお知らせ通知で溢れかえっている場合に、LINEトークの非表示機能が役に立ちます。またトークを非表示にしてもトーク履歴は残ったままです。過去のやり取りは消えないのでLINE友だちのトークも気軽に整理できます。

このように、何らかのアクションを起こしても、相手は友達リスト上では非表示のままであり、勝手に復活することはありません。

LINEトークだけでなく友だちリストも非表示にしている場合は、先にLINE友だちを再表示させる、もしくは[歯車アイコン] → [トーク] → [非表示リスト]の順にタップし、再表示させたいトークの編集から[トークルームを再表示]を選択してください。

通話の発信時に自分の Google Voice 番号を非表示にして、通話の相手に表示しないようにできます。

友だちの「非表示」と「ブロック」は、質的にまったく異なる機能です。非表示は自分のLINE上で友だちリスト(友だちの一覧)を整理するだけに留まりますが、ブロックは自分と相手とのコミュニケーションを大きく制約することになるからです。

「非表示」アルバムを有効にすると、サイドバーの「写真」の下に表示されるようになります。

LINEの友だちを「非表示」にする機能は、自分側のLINEの友達リスト上から相手を消す効果があるだけです。友だちの一覧(友達リスト)を整理整頓するための役割を担っています。

▲右側の非表示後では、「LINE Pay」と「LINE ウォレット」のトークが非表示になり、スッキリしているのがわかる。

非表示にした写真やビデオは「非表示」アルバムに移動し、「ライブラリ」やほかのアルバム、ホーム画面の写真ウィジェットには表示されなくなります。iOS 14 では、「非表示」アルバム自体を無効にし、写真を完全に非表示にすることができます。いつでも好きなときに写真やビデオを再表示し、「非表示」アルバムを有効に戻すことができます。