出会い系

出会いを広げるためにマッチングアプリを始める

「恋人が欲しい」大学生におすすめのマッチングアプリは以下の3つ!

ちなみに、女性がマッチングアプリを利用する場合、利用料金はかからないので、大学生でも気軽に登録することができます。

SNSの口コミをみても、大学生がマッチングアプリを使っていることがわかるものがいっぱい!

withは、メンタリストDaiGo監修の「心理学×統計学」を利用した出会いを提供しているマッチングアプリです。

ちなみに、マッチングアプリでは「いいね!」を送る相手を女子大生に絞り込むことは簡単にできます。多くのマッチングアプリには女性のプロフィールを絞り込むための検索機能があるからです。

一方で、恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。

学生の方なら「AbemaTV」や音楽配信の「AWA」を聞いたことはあるでしょう。それらを運営しているサイバーエージェントグループによるマッチングアプリが「タップル誕生」です。

「恋人が欲しい」大学生におすすめのマッチングアプリは以下の3つ!

もちろん、社会人だけでなく学生もたくさんマッチングアプリを利用しています。今の世代の学生は子どもの頃からスマホに慣れ親しんでいる人が多く、抵抗感をあまり感じないで利用できるようです。

そのため、大学生は出会いが多いにも関わらず、「なぜマッチングアプリを使っているのか?」と疑問に思う女性は多いです。私が大学生だったとき、看護師の女性とマッチングしてメールのやり取りをしている最中にこの質問を受けました。

大学生向けマッチングアプリおすすめランキング3位は「with(ウィズ)」です。メンタリストのDaiGoが監修している恋活アプリで、20代から30代の女性に特に人気があります。学生の割合はランキング2位のPairs(ペアーズ)と同じで約7%です。

20代後半男子。上京したはいいが出会いがまったくなく、3年間フリーだった。出会いを広げるためにマッチングアプリを始める。複数のマッチングアプリを利用しながら研究した結果、数十名の方とデートできるように。その経験を友人に教え友人も出会えるように成長した。

その他最新のマッチングアプリで提供されているような機能を備えており利便性も高いです。

これは驚きかもしれませんが、普通に日常で出会って付き合った人よりも、マッチングアプリなどのインターネットで出会った人の方が別れる確率が低かったんです。

まず始めたのはメンタリストDaiGo監修のマッチングアプリwith。こちらは性格診断とか、診断結果から相性のいい相手を表示してくれたり、趣味、好きなもの、理想の関係像のカードを登録して、多く共通してる人を検索リストに挙げてくれる。相性のいい人を見つけるにはぴったりなアプリだと思う。

私がマッチングアプリをはじめたきっかけは、大学時代に麻雀仲間からマッチングアプリで彼女を作ったエピソードを聞いたことです。当時は雀荘で麻雀ばかりやっていたので、彼女が欲しくてもLINEを送る女友達さえいない状況でした。