出会い系

もちろん出会い系は手段であって目的ではありません

もちろん出会い系は手段であって目的ではありません

ここは老舗でなんと18年続いている「出会い系サイト」です。
18年継続していると言う事は使っている男性・女性両方からの支持があるからこそなので、安心して使えて出会えるサイトです。

ですから、このコロナ禍でも男性が「女性と出会いたい!」と願うならば、「オンラインデート」を避けて通るべきではないのです。諦めに似た境地でもいいから、一度新しいもの(オンラインデート)を受け入れてみようではありませんか!そして、これを機にすべての男性が「オンラインデート」でモテる男になろうではありませんか!

やはり女性の登録母数が少ない為、効率的に出会えないからです。
ただし、地方で大手出会い系でも母数が少ない場合は、検討してもいいかもしれません。

今までは、男性が女性と早めに直接会うことで、勢いに乗せて男女の仲を深めることができました。出会い~仲良くなるまで、物事をスムーズにスピーディーに運ぶことで、女性から見て男性に(少しくらい)気になることがあってもごまかすことができたんですね。

それからというもの、クラブやバーで女性をナンパしたり、出会い系アプリを使ってクラブでは出会えない、彼曰く「真面目な女性」にアプローチするようになったそうだ(昨今の出会い系アプリには、婚活などを目的とした真面目な女性が多いらしい)。

と言うかメールを送る料金は大体どのサイトでも1通50円です。
逆にこの50円をケチる様なら「出会い系サイト」で「セフレな女性」を落とすことはなかなか難しいと思いますよ!

それに関して、米国成人の30%がオンライン出会い系を使ったことがある一方で、信頼ある関係にいたったのは出会い系ユーザーの39%にあたる米国成人の12%にすぎない。ここでも、2013年の出会い系利用者が11%、長期的関係にいたったのがわずか3%という数字よりはずっと大きい。

清純派を狙える点もいいのですが、なんといってもここは会員数1000万人超えの最大規模級の「出会い系サイト」なのでそれだけ出会える確率が高いので登録しておいて損はありません、と言うか登録しておきましょう。

また直接会えない分、出会いに対して自然と慎重になるのもメリットといえます。

単純にマッチングアプリ・出会い系といってもざっと数えると有名なペアーズ・PCMAXなどの他に実は45種類くらいあるのです ( ゚Д゚)
「やれる系の出会いアプリ」から、真面目な婚活・恋人探しの「マッチングアプリ」までと幅がめちゃくちゃ広かったりします。

しかし、現在出会い系アプリを使っているユーザーに、アプリの印象を尋ねたところ、期待よりも失望(45%)、楽観より悲観(35%)、安心より不安(25%)を感じていると答えた。ちなみにこれは、会いたかった魅力的な相手を簡単に見つけられるなどの好意的回答をしたのと同じ人たちだ。

今は「男女の出会い」においても、コロナによる変革が求められています。男女が「現実世界で直接会う」という過程を経て仲を深めるのは「今まで」のお話。そして、男女が「ネット世界で会う」という過程を経て仲を深めるのが「これから」のお話。要するに、今がちょうど変化の境目にあたる、というわけです。

しかし、コロナ禍では物事を迅速に進めることができません。コロナ禍の男女の出会いにおけるゴール(深い男女関係になること)は、男性がインターネットを通して「審査」と言っていいくらい、女性から厳しい目で品定めされ、数々の難関(トーク、オンラインデートなど)を突破した先にやっと見えてくるのです。

もちろん出会い系は手段であって目的ではありません。
「出会い系サイト」を使い倒して、「女性」とセフレとかエッチのパートナーになるのが目的・ゴールです。

ただ、コロナウイルスにより今までの日常生活が大きく変わりつつある中、「男女の出会い」も大きく変わることは間違いありません。そのような状況下において、どんな男性も理解しておかなければいけないことがあります。それは、「時代の転換期」を迎える現在に、「新しいことを受け入れる姿勢」を持とうとしない人は、残念ながら「時代に取り残されてしまう」、ということです。人は時代に取り残されてしまうと、俗世間と離れ、人と出会う機会も減り「孤独」になります。こんな悲しいことはありません。