出会い系

マッチングアプリ 話題 広げ方

マッチングアプリ 話題 広げ方

▼関連記事タップル誕生マッチングアプリ「タップル誕生」とは趣味から気軽に出会えるシステム!

私はすでに結婚して子供もいますが、出会いを求める男女にとっては変化の時だと思います。今の季節で言うと、花火大会やBBQなどアウトドアのレジャーが盛んな時期じゃないですか。そういうものまで自粛となると、出会いは限られてきてしまうと思うので、それこそマッチングアプリやSNSを使って、自分で積極的に出会いを探しに行く時代がいよいよ本格的に到来したのかなと。それから自分自身の話で言うと、私も独身時代はアナウンサーとしての仕事がとても忙しかったので、頭の中が仕事ばかりになってしまった時は、自分の恋愛のことまで考えられない時期がありました。その時は、本当に仕事を頑張りたいという思いで動いていたのですが、今考えると、当時だからこそできる恋愛もあったと思うので、もっと積極的に動いてプライベートを充実させればよかった…と少し後悔しています(笑)。そういう意味では、今はオンラインでの交流も盛んなので、積極的かつ効率的に出会いの場を見つけてみるのもいいですよね。

すごく実用的だなと思いました。特に、同じ趣味や価値観を持った相手とつながれる「コミュニティ機能」に興味があります。自分が好きなことや興味のあることを検索したら、該当するコミュニティがいくつも出てくるので、その結果を見るだけでも楽しいと思います。私だったら、「筋肉質な人が好き」コミュニティに入って、ひっそりと筋肉好きをアピールしたいですね(笑)。他にも、タバコを吸うか吸わないか、デートの費用はどのくらいか、結婚に対する意識はどうかなど、細かい項目を選ぶこともできるそうなので、実際に付き合った時にトラブルが少ないんじゃないかなと思います。出会いを求める女性の中には、そもそも自分が「どんな相手を好きになっていいかわからない」という人も多いと思います。そういう女性でも、いろいろな項目を選んでいくうちに、「私って意外とこういう人が好きなんだ」とか「ここはそこまで重要じゃないな」とか、そういう新たな自分の一面を発見できるかもしれません。自分がもしもフリーだったら、ぜひマッチングアプリを使ってみたいです(笑)。

いくら親しみやすい人が多いマッチングアプリといえど、まだ一度もあったことの無い人から「ホテルいこう」「うち来ない?」なんて誘れたらマッチング解除されても仕方がありません。

イメージも何も、僕は自分でもマッチングアプリを作ろうとしていたくらいですから(笑)。というのも以前、「マスクをしたままお見合いをする」という企画に携わっていた時に、男女がくっつきたいのになかなかくっつけない、もどかしい状況を目の当たりにしたことがあったんです。でも、僕が少し背中を押してあげると「しょーがねーな」という感じで歩き出す人も多かったので、それをきっかけに恋愛に奥手な人たちの手助けがしたいなと思って。マッチングアプリを使って理想の相手を探すというのは、あの頃の僕がまさに実現させたかったこと。なるべく効率的に素敵な人を見つけたいという人は、「なんで活用しないの?」とすら思います。

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが校長を務め、オンラインをベースにさまざまな価値観を持つ人たちが交流するために開校された「田村淳の大人の小学校」。先日行われた特別授業では、「マッチングアプリ」をテーマに恋愛現役世代の参加者と熱い議論を展開しました。実践で培った豊富な経験則を持つ“恋愛のカリスマ”田村さんが考える「新しい恋愛様式」とは?

友達の話では、「ペアーズ」に優良な男性がめちゃくちゃいるらしいんですよ。私も使いたいのですが、職業柄、手を出せずにいます(笑)。でも、もし自分が表に出る仕事をしていなかったら、使うかもしれませんね。たとえばスピッツ好きのコミュニティに入って、同じ趣味の人と繋がったり、食に興味のある男性とも出会いたいです。それから、気になるのはビデオデート機能。もともとメールやLINEでコミュニケーションをとるのが苦手なタイプなので、画面越しに話しができるのが便利だと思いました。相手も文章のやりとりが苦手な人かもしれないし、しゃべったら超面白い人だったり、笑顔がかわいい人かもしれない。そういう一面が垣間見えると思うので、ネットのルールを守りつつ使うのはいいと思います。マッチングアプリなら自分の住んでいる地域に関係なく、たとえば北海道に住んでいる人が沖縄の人に出会ったり、日本中のどんな人とも出会うことができるのも魅力的。「ペアーズ」のおかげで出会いの可能性が今まで以上に広がると思いました!

よりクリーンなものである、という印象があります。聞いたところによると、登録するときに身分証を提示する必要があるとのことで、より安心して利用することができると思いました。「ビデオデート機能」があるのが新鮮ですね。どうしてもメッセージのやりとりだけだと相手の表情がわからないので、自分の中で想像するしかないですが、画面越しにお話しできれば、ある程度人となりも感じられると思います。それに、いきなり直接会ってしまうと「この人、苦手かもしれない…」と思う可能性もありますよね。そういう事態もビデオ通話を挟めば避けられますし、気が合いそうな方とはお互いナチュラルな状態で話すことができると思います。自分に自信がなくて恋愛に前向きになれないという人も、マッチングアプリを上手に活用することができれば、勇気を振り絞って前に進むことができると思います。

「マッチングアプリで会話が続かない/盛り上がらない…」「上手く行く方法は?」など、会話やメッセージのコツが気になりますよね。

「マッチングアプリでの会話に困っている..!」と一重に言っても、実際に悩んでいるポイントは人それぞれです。

デート当日の会話においても、マッチングアプリでのメッセージ同様に男性が質問をし、話を広げていくのが自然な会話です。ただし質問自体を自然に行えないとガチガチの面接みたいな会話になってしまいます。

今の話にもつながるのですが、考え方も恋愛スタイルも多種多様なこの時代に、何かと理由をつけて新しい一歩を踏み出さないのはもったいない。もちろん「自分はリアルに運命の相手と出会うんだ!」と心に決めている人はそれを実行すればいいと思いますが、効率を考えれば、マッチングアプリも活用して、かつリアルな出会いも頑張るほうが幸せをつかむ確率は高くなるはず。自分から能動的に行動を起こすか、それとも現状維持するのか。その選択だけでも未来は変わってくると思います。

興味はあります。たとえば普通に出会った場合だと、“実は相手が恋愛ストップ時期だった”というケースもあるかもしれませんが、マッチングアプリを使っている時点で婚活や出会いに前向きな人だとわかるのはメリットですよね。“「出会いたい人」と「出会いたい人」が使うから、出会いやすい”というイメージです。それに、私は仕事でもネットをいつも使っていて、視聴者さんと接するのもSNSのコメント欄なので、オンラインでコミュニケーションをとることにまったく抵抗がないほうだと思います。YouTuberでもアプリを使っているコの話はたまに聞きます。

マッチングアプリでメッセージを続けるコツ3つ目は、“適度に質問する”です。

クロスミーは、街中ですれ違った人とすれ違った回数を教えてくれるマッチングアプリです。