出会い系

出会い系に限らず 自信に溢れている人は魅力的です

出会いのきっかけは「共通点」です

ただし、自信があるのと自慢たらしいのは別物です。自慢ばかりする男はリアルでも出会い系でもウザがられるのでもてません。自信がある風の自己PRと自慢を取り違えないように気をつけましょう。

少し話は違いますがナンパ師は(ピックアップ)アーティストと言われたりするのですが、ナンパ師同様に見ず知らずの女性との出会いをいかに創造し、演出するかというのは大事です。私たちはある意味でネトナン師なので一通目のメールでいかに食いつかせるために演出をするかです。

出会い系で出会う場合、1番最初のメールが一番重要です。特に自分からメールして出会う場合1通目のメールの大事さは増します。そのメールを読んでもらえなければ、いくら話が面白くてもイケメンでも、女の子とデートすることはできませんからね。

特にプロフィールを読んでないような誰にでも送れるコピペメールで済ませようとしている人が多いのでコピペらしさを消ししっかりプロフィール読んだよ感を演出するのが効果的です。

出会い系に限らず、自信に溢れている人は魅力的です。逆に自信がなさそうな人は何となく頼りなさげだし、本来あるはずの魅力も見えにくくなってしまいます。

1通目のメールの書き方をちゃんとマスターすれば、間違いなく女性と会うことができます。実際に他の男性が書いたメール等を見ると、いい加減なのが多いですから、まともなメールが書けるだけで十分出会えます。

たとえば、あなたが恋人を探す目的で出会い系アプリを使っているとします。そんなあなたが、友達探しのためにアプリに登録している女性にアプローチしても見向きもされないはずです。メッセージを送る際には、自分がどのような現状にあるのか、どのような出会いを得たいのかという情報を女性と共有しなければいけません。

具体的な理由については、「きれいな人だったから気になった」とさりげなく女性を褒めるものでもいいですが、おすすめは「最近引っ越したので周りに知り合いがいなかった」「趣味が一緒だったから」「お互い最近出会い系アプリを始めたみたいだったから」といった、2人の共通点を理由にすることです。プロフィールを事前に確認し、話の掴みとして使えそうな共通点がないか探したほうがいいですね。もし共通点がなければ嘘をつくのもありですが、バレると後々困ることになります。あからさまな嘘は控えましょう。

それを出会い系のファーストメールでも利用します。ファーストメールから自分に自信があるっぽい挨拶メールを送って、強い印象を与えて出会いを掴みましょう。

出会い系アプリに登録している男女は、会ったことがないばかりかお互いのことを全く知らない他人ですよね。事前情報としてプロフィールを確認することはできますが、プロフィールを埋めていない人もいますし、いくらお互いに「いいかも」を経てマッチング、やり取りができるようになったとしても、実際にメッセージをやりとりしないとわからないことがほとんどです。

「マッチしたら成功」と勘違いしている方も居ますが、実際に出会うための第一関門に過ぎません。マッチングより難易度が高いのは、メッセージをちゃんと既読してもらい返信してもらうこと。顔の見えないやり取りでは意外と難しいことです。

出会いのきっかけは「共通点」です。最初のメッセージで1番簡単なのは、趣味についての話題。もちろん、「私も同じ港区住みです!最近出来た●●ってお店にはまってます。●●さんは知っていますか?」のようにローカルな話題でも大丈夫です。

正しいファーストメールの書き方を是非身に付けて、いい出会いをゲットしてください。1通目のメールに対して女性から返信があったら、セカンドメール例文みたいな形でメールのやり取りを進めていってください。

そんな事態を防ぐためにも、メッセージで明るい雰囲気を演出することが大切です。

まだお互いに何も理解していない段階で誘うと、遊び目的や風俗斡旋などの業者と思われる可能性が高くなります。もちろんマッチング後すぐに仲良くなれることもありますが、少しでも相手のことを知っていたほうが、緊張や不安がなく出会えます。