出会い系

現在 LINEでは実質的に2段階認証が施されています

LINEは電話番号検索に対応している

しかし、今回の何者かによるログインを機に、この設定を「オフ」にすることに決めました。たまにしか使わない、PCでのLINEログインのために、常にこのログイン許可を「オン」にしておくのはかなりリスキーだと感じたためです。

LINEはタブレットやパソコン向けのアプリも利用できる。このとき、起こしやすいミスがトークの削除だ。タブレットやパソコン上でトークルーム内のメッセージを削除した場合は、その端末上でしか削除されない。しかし、トークルーム自体を削除した場合は、スマホのLINE上でも削除されてしまう。
タブレットやパソコンでは「使わないから」といった理由で安易にトークルームを整理してしまうと、大惨事に見舞われてしまうので注意が必要だ。

LINEアカウントが乗っ取られると、どのような症状が起こるのだろうか。スマホでLINEを起動した際に「利用することができません」と表示されたのであれば、そのアカウントはすでに乗っ取られている可能性が高い。LINE社ではこうした場合に備え「お問い合わせフォーム(図1、2)」を用意しているので、二次被害を防ぐためにも、速やかに通報するようにしよう。ログインできない場合は、ブラウザー版でお問合せが可能だ。

LINEは他端末でのログインを不許可にすることができる。「設定→アカウント」で簡単に変更できるので、パソコンなど他の端末でログインする必要がないならば、オフにしておこう。

LINEアカウントを乗っ取った後、攻撃者はどのような行動に出るのだろうか。まずは、そのアカウントを利用して送金や購入といった直接的な犯罪行為に及ぶことが考えられる。もう一つは、本人になりすまして友人へプリペイド型電子決済サービスの購入を依頼することだ。これらサービスは認証コードを入手できれば容易に換金が可能なためだ。

LINEは、アカウント1つにつき、使える携帯電話はひとつだけ。ただし、設定で「他端末ログイン許可」をオンにすると、パソコンからでもログインして使えるようになります。

攻撃者はさまざまな手法を用いて、ユーザーが多く利用する大手プラットフォームのログイン情報を収集している。LINEは決済系サービスなどとの連携が可能なこともあり、アカウントが乗っ取られてしまった場合、金銭的な被害につながることもある。また、自分のアカウントが乗っ取られて連絡先情報などが悪用されることで、友人や知人などに被害が拡散してしまう可能性も否定できない。だからこそ、LINEを利用するユーザーはアカウントの乗っ取りには気を付けなければならない。

LINEアプリを操作しているうち知らぬ間にログインしていたケースが多そうですが、まったく心当たりがないログイン履歴があった場合には、LINEストアなどに不正アクセスされている可能性も否めません。

現在、LINEでは実質的に2段階認証が施されています。

今後、LINEから浮気の証拠を見つけようと考えている方は、あくまで自己責任、無理に浮気の証拠を探し出そうとするのではなく、情報収集のひとつの手段として考えておくことをおすすめします。

実際に身近で発生したLINE乗っ取りでは、最初にFacebookのメッセージ機能を使って、「携帯電話を変えたので、LINE登録に数名の友だちの認証が必要」として、電話番号を聞き出します。そして電話番号を聞き出すと、「メッセージを確認して、そこに記載されている数字を教えて」と送ってきます。

【関連記事】通知オフにしているのにLINEが鳴り止まない!そんな時の対処法新しいiPhoneにLINEのアカウントを引き継ぎたい!知っておくべきLINEの使い方まとめ「LINEに雪が降らない…」そんな時の対処法はこちら!

LINEのトーク履歴が消える原因はいくつかあるが、その多くは操作ミスによるものだ。トーク履歴は思い出や重要な情報の宝庫なので、万が一の事態に陥らないためにも、LINEの仕様を知ってそのような事故に備えておきたい。
まず、トーク履歴を消してしまう操作ミスで多いのが、別のスマホでLINEにログインしてしまうこと。LINEが使えるスマホは1台のみなので、別のスマホでLINEにログインすると、以前に使っていたスマホでは利用できなくなる。この場合、そのスマホからはデータが削除されてしまうため、再度ログインしたとしてもトークは消えてしまい、元には戻らない。
もし、自分が他のスマホでログインしたことがないのであれば、第三者が不正にアクセスしている恐れもある。この場合は、すぐパスワードを変更するなど対処する必要がある。

日本国内で多くのユーザーに利用されているLINEは、もはや日常生活で欠かすことができないツールとさえいえる。そんなLINEだからこそ、乗っ取られた際の被害は計り知れない。

LINEは電話番号検索に対応している。適当な数字の組み合わせを入力しても該当者がいれば表示されてしまう。攻撃者はこの仕組みを悪用し、ランダムに電話番号を検索し出てきたアカウントを友だちとして登録する。その後、攻撃者は「認証番号が届くから教えてほしい」などと言葉巧みに認証番号を聞きだす。電話番号と認証番号を知られた場合、LINEは乗っ取られアクセスできなくなってしまう。