出会い系

出会系サイト 被害 事例

出会系サイト 被害 事例

あなたに安全で素晴らしい出会いがあることを心から祈っています。

よほど巧妙でない限り、次の点に注意しておけば出会い系のサクラや業者は見抜けます。

大手の出会い系は、安全面に最大限配慮してくれていますが、サクラはゼロではありません。そして実はサクラ手口もどんどん巧妙になっており、今までと同じ考え方ではうまく対処できないものも現れるようになってきました。

そこで是非このページを参考に、被害に遭うリスクを減らして、出会い系を活用していただければと思います。

人によっては「出会い系」を舞台にした被害のため後ろめたさを感じ、警察に相談できずに恐怖に怯えている方もいらっしゃるかと思います。

最後に出会い系サイトで詐欺に遭った際の対処法を確認しておきましょう。

この被害手口としては、大まかに分けて、次のような手口があります。

美人なのに積極的に迫ってきたら疑う心を持ちましょう。少年のようにピュアな心で喜んでいる場合ではありません。出会い系サイトのサクラや業者は台湾人の画像を使うことが多いです。

出会い系は多くの異性と出会える非常に便利なサービスです。しかし、あなたが真剣に相手を探せば探すほど、気をつけなければ第三者の餌食になってしまうリスクが大きくなります。

インターネットや携帯電話のサイトには、いわゆる出会い系サイトというものが数多く存在しています。多数存在しているということは、それだけ利用する人がいるということもいえますが、犯罪の温床になりやすく、利用は控えるに越したことはありません。さらに、ユーザとサイトとのトラブルも非常に多く発生します。

出会い系サイトの多くはポイント制を採っていて、消化ポイントに対し課金をします。メールや画像を送受信したりするたびにポイントが発生します。ポイント購入にはクレジットカード決済できるサイトが多く、こういったサービスのサイトはクレジットカード会社と直接の加盟店契約ができないので、間に決済代行会社が入ることがほとんどです。また日本の決済代行会社は審査が厳しいので、出会い系サイトでは海外資本の決済代行会社が入っていることがほとんどです。その場合、クレジットカード請求はドル建てで行われます。

である旨を事前に伝えているパターンも多くあります。こうなると被害者は自分が法を犯したと思い込み、人や警察に相談しにくい心境になり、泣き寝入りしやすくなります。ただ、相手が本当に未成年だったり旦那持ちであったりするのかがそもそも怪しいですし、相手の行為自体が脅迫罪や詐欺罪に該当するので、むしろ相手が悪いのだと覚えておきましょう。

近時、インターネットの出会い系サイトを利用して、高額の利用料金を請求されたなどの被害事例が相次いでおり、国民生活センターからの注意喚起がなされております。

出会い系サイトで多く発生するのは「サクラ」による被害です。この場合の「サクラ」とは、実際のユーザを装って、ターゲットに無駄なポイント消化を促すサイト側の人間を指します。巷の出会い系サイトでは、多かれ少なかれサクラ行為はあると思った方が良いと思います。

また、女性と出会えたからといってテンションをあげてばかりではいけません。美人局とは、女性とことに及んでいる最中・もしくは後に男性が現れ、「オレの女に何してるんだ」と脅してお金を奪いとる行為のことです。