出会い系

サクラサイトは 登録のみならず メール送信にもお金がかかります

サクラサイト案件についても迅速性が必要です

ここでいうサクラサイトとは、出会い系サイトの外観を持ちながら、 実際には出会いを求めている異性など登録しておらず、 サクラの人物がメールの返信をしているウェブサイトをいいます。

静岡市清水区で法律事務所を経営している、弁護士の浅井裕貴です。 サクラサイトに対して何ができるかについて、ご説明申し上げます。

サクラサイト案件についても迅速性が必要です。 サイトを閉じるだけならまだしも、サイトの運営者に逃げられたり、 お金を使い切られてしまったら、被害の回復ができません。

弁護士は、常日頃から、証拠によって裁判官を説得する技術を磨いています。 特に、サクラサイトのように、サクラの存在を直接立証することが困難な案件については、 どのような証拠を集めれば裁判官が納得するのかということが重要です。 そのため、証拠による説得技術に長けた弁護士に依頼する方がよいのです。

つまり、男性が、女性との出会いを求めて登録し、お金を支払ったものの、 サクラからしかメールが来ず、結局出会えないというウェブサイトのことです。 サクラサイトは、登録のみならず、メール送信にもお金がかかります。

サクラサイトであることが立証できても、 損害額の立証ができないと、敗訴同然になる可能性があります。

あるいは、芸能人を装うサイトもあります。芸能人による間違いメールを装ってメールをし、 返信してきた方に対して、「送信先を間違えたようで申し訳ない。 でも、あなたは信用できそうだから、相談に乗ってくれないか。 ただ、周囲にばれると騒ぎになるのでこの秘密のサイトでお話したい」と サクラサイトに誘導させ、ポイントを買わせる手口です。