出会い系

前新潟県知事 女性問題

前新潟県知事 女性問題

作家・室井佑月氏(50)との結婚が報じられた前新潟県知事の米山隆一氏(52)。その米山氏は5月9日の夕方、室井氏との結婚について「週刊文春」の直撃取材を受けていた。
【画像】“結婚相手”室井佑月氏の画像を全部見る
当時、新潟県知事だった米山氏が出会い系サイト「ハッピーメール」で知り合った複数の女子大生と援助交際をしていたことを「週刊文春」が報じたのは2018年4月のこと。米山氏は「(女性に金銭を渡して)歓心を買おうと思った」という迷言を残し、在任わずか約1年半で新潟県庁を後にした。
「彼は灘高、東大医学部を卒業後、医師免許を取得。さらに司法試験にも合格しているスーパーエリートですが、女性には縁がなく、40代になっても結婚相手に恵まれなかった。知事になっても独り身の寂しさには勝てなかったのか、女子大生に金銭を渡し、東京に借りていたマンションに招いていたのです」(地元記者)
それから苦節2年。ようやく米山氏に春が訪れた。
「室井さんとはツイッターなどで意見交換をする仲で、脱原発など政治信条も近かった。2016年10月の新潟知事選で、米山氏が脱原発政策を掲げて当選した際、室井氏はスポーツ紙のコラムで『正義は勝つ!』と書くなど大喜びしていました。今年初め頃から急速に仲を深め、交際に発展したと聞いています」(米山氏の知人)
室井氏を知るテレビ局関係者が明かす。
「室井氏はコラムなどの原稿執筆の他、ワイドショーのコメンテーターや『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)にレギュラー出演するなど、幅広く活動しています。私生活では作家の高橋源一郎氏と1999年8月に結婚し一児をもうけましたが、01年に離婚しています」
そんな米山氏は、次期衆院選に出馬の意欲を示しているという。
「辞任後、『能力がある人なのに、女で辞めるのはもったいねえ』という同情論がありましたが、再出馬の話題が出るたびに支援者からは『地盤を固めるより、まずは身を固めろ』と反対されていました」(県議会関係者)
5月9日夕方、米山氏を電話で直撃した。
――近々結婚されると聞きました。
「(少し間があって)いやぁ、知りませんね」
――室井佑月さんと交際していますよね。
「いやぁ、知りませんね」
――面識もない?
「面識はありますよ」
――交際の事実はまったくないということ?
「(少し間があって)知りませんですね……」
――否定? それとも答えられない?
「知らないです」
――衆院選に出馬を予定していると聞くが。
「知らんです」
室井氏というパートナーを得た米山氏は、再び政界復帰を目指すのだろうか。