出会い系

出会系 ライン 乗っ取り

出会系 ライン 乗っ取り

アドレス回収業者にメールアドレスを教えてしまった場合や LINE 誘導業者と知らずにラインでつながってしまった場合は、焦りや不安を感じるものですが、結論から言えばさほど心配する必要はありません。

LINEは、ひとつのアカウントにつき1台のスマートフォンでしか利用できません。機種変更などで、別のスマートフォンにLINEアプリをインストールしてログインすると、以前利用していたスマートフォンのLINEアカウントは消去されます(認証による確認は求められます)。このため、LINEアプリが乗っ取られた場合は、LINEを起動しようとすると「利用することができません」と表示されてログインできなくなりますので、すぐに気づくでしょう。

サクラを使った高額な出会い系に登録させるよう誘導したり、LINEアカウントの乗っ取り詐欺に利用されるなどの被害がある。

被害に遭ったユーザーは、「めったにメッセージを送ってくる人ではなかったので、よほど困っているんだろう」と、言われるままに番号を教えてしまったそうです。また、仕事中だったので早く対応しようとあせっていたといいます。サイバー犯罪者は、こうした人間の心理を巧みに利用します。気づいたときにはすでに遅く、LINEにログインできなくなっていました。メッセージを送っても返事はなく、当人に直接電話で確認すると、Facebookを乗っ取られていたことが判明したのです。

もっとも多い乗っ取り被害は、LINEの「友だち」に対して「電子マネーを代わりに購入して欲しい」というメッセージを送るケースです。ここでいう電子マネーとは、コンビニエンスストアなどで購入可能なプリペイドカードやギフトカードのことで、「電子マネーカード」とも呼ばれます。3000円、5000円、10000円といった額面があり、それを購入すれば現金のように使用できます。

なぜならば、さらに詳しく事情を聞いてみると、「昔のLINE乗っ取り」とは違う点が、いくつか浮かび上がってきたからである。やってることは同じだが、「なりすまし」のレベルが格段に進化しているのだ。

業者はデリヘルや他サイトへ誘導するなど、出会いとは違う目的で近付いてくるため、引っかからないように注意が必要です。

ハッピーメールにはたくさんの出会いがあります。

簡単なジョークを交えるなど、楽しい気持ちにするようなメッセージを送れば、ライン交換も抵抗なく応じてくれるでしょう。

話を聞けば、すでに何名かの友人がLINE乗っ取りだとは気づかずに、Webマネーを購入&教えてしまったとのこと。それはイカン。こらしめられるかどうかは未知数だが、とりあえず乗っ取り犯との接触を試みた。

そして、ラインで繋がってしまった場合は、相手の女性が何らかのサイトに登録するよう持ちかけてきたり、アプリをインストールするよう言ってきたらすぐにブロックすれば被害に遭うことはありませんので安心してください。

LINEのアカウントが乗っ取られると、LINEを起動した時に「他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます」と表示されます。

男性をLINEへと誘いだし、誘導業者が運営する出会い系へと登録させるように仕向ける。登録した出会い系は当然まともな出会い系ではなく、サクラしかいない高額な課金サイトで、女性とは絶対に出会えない詐欺サイトである。

というのもつい先日、海外に住む私の友人から、Facebookのメッセンジャー経由で「LINEを乗っ取られた!」とのSOSが舞い込んできたのである。現在進行系なので、「こらしめてくれ!」と。

LINEのやり取りから「プライベートメッセンジャー」と称して、サクラばかりのアプリのインストールを要求する業者は、ハッピーメールやPCMAXなどの本当に会える系の出会い系よりも、「TwoFace」や「マジアイ」、「エスエフ」などの出会い系アプリに多いです。これらの、年齢確認の手続きがなく使える出会いチャットアプリを使わないだけでも被害に遭う危険性は大幅に減らすことができます。