出会い系

出会系 フェイスブック

出会系 フェイスブック

サービスに登録の際、Facebookへページが移りサービスにあなたの情報を提供することへの許可が求められます。ここで気になるのは“許可”することによって、自分のタイムラインに出会い系サービスに登録したことが流れてしまうんじゃないか、知られてしまうんじゃないか、という点です。しかし、この点も安心してください。サービスがあなたのタイムラインに登録したことが流すようなことや“いいね”が勝手に押されている、ということもありません。許可することであなたがサービスに登録したことを知られることはないのです。

遊び目的でアプリを探している方は、Facebook連動アプリではないですが、出会いやすい「ハッピーメール」「ワクワクメール」を利用することをおすすめします。

特に最近ではPCよりも、身近なスマホやアプリで利用できるサービスが増えてきました。出会いサービスをアプリでしか使ったことがない、という人も多くいるのではないでしょうか。ブックマークだけでなく、アプリを利用することで使いやすく、すぐにアクセスできるというメリットが多い反面、スマホを人に見せたときに「サービスを使っていることが知られてしまうリスクも……。

続いて第6位はゼクシィ恋結び。多くの女性が恋活で使っている「THE・恋活」なアプリです。これまでマッチングアプリに挑戦できなかった層の女性が「ゼクシィなら安心できるかも・・・」と登録しているため、1位のペアーズにはいない女性がいるところが面白いです。結婚より恋愛をしたい女性が多く、利用者の70%が20代と、データからも恋愛目的の男女が集まっていることが伺えます。価格が月額税込み3,900円/月と相場よりやや安い値段!使っている女性の恋への真剣度はペアーズよりやや高めです。さすがゼクシィ。ゼクシィ恋結びで初めて出会い系マッチングアプリに登録したという子の多い、穴場的なアプリです!

これは特異な例ではない。フィリピンでは最近、大きな人権危機がみられるー選挙運動でFacebookを利用した政府が、血まみれの‘麻薬撲滅戦争’で何千人も殺害しながら非難をかわすのにFacebookを使っていた。インドでは、Facebook傘下のメッセージアプリWhatsAppが複数の集団暴行や殺人に使われていたことが明らかになったーアプリを介して稲妻のように広がった嘘を人々が信じたのだ。そのようなひどい問題に反してーFacebookのプロダクトは少なくとも助けとはならないーFacebookが新たなビジネス分野に資源を注ぎ込み、全く新しいインターフェースとメッセージシステムを構築するのにエンジニアを使おうとしているのが見て取れる(メッセージシステムというのは、Facebookのデートサービスユーザーがテキストを交換できるようにするもの。いかがわしいものになるリスクをなくすため、写真やビデオは送れない)。

おすすめの人気出会い系アプリ4位はwith(ウィズ)。メンタリストのDaiGoさんが監修に入っている出会い系アプリです。DaiGoさんからの質問に答えることで、自分と相性のいい異性を判断してくれておすすめしてくれるというシステムが特徴。

まず、第一声。このアプリも会えない、返信こない。他の方も言われてるますがいいねも足跡も無理登録当初は確かに沢山きます。足跡累計もメールできます。私の場合一週間で287人の方に見られました。しかしこれが課金してからピタリと止まります。運営の操作かサクラだと思います。考えすぎですが「この方初見さんなので課金させるよういいねや足跡たくさんつけてください。」と指示が出てる様な考えに行きました。肝心のいいねされてからなんですが、メッセージのやり取りが4通くらいで途切れます。サクラだったのか運営のモニターなのか、はたまた他の良い人に移ったのかはわかりませんが。間違っていいねしてブロックする人も平気でいます。明らかに世の中金の縮図が上手くまとめられてる、そんな気がします。課金後の付与されるいいねも他社と比べて圧倒的に、少なくマッチングしなければお金の無駄です。(某マッチングTは一日のログボで30近くの手札が貰えこちらはわずか3つの手札しか貰えません。課金内容に月30しか貰えないと明記あり。)きっと交際にまで発展させるには、ハイスペックな男性が選ばれるか、タイミングの良い棚から牡丹餅系男子です。しかしながらこのマッチングアプリは男性ユーザーからの料金搾取するには見事なまでに完璧なシステムです。真剣な男性の善良な気持ちに悪意で擦り寄るもので、まさに「救済の言葉を並べて立てては救いは無い。」と言い放つ牧師そのもの。それについては詐欺に見せかけた商売なので何も言えません。女性よりも男性の方が多いため、コミュニティ等も男性の数が傘増しになってます。女性の方もLINEの交換等合うのが怖いと言われる方も多いますが、このアプリ古く悪い言い方で出会い系になるので知らない異性と会うことと前提としてお使いください。成人を越えての利用であれば、何があっても自己責任です。実際会ってみて悪い人じゃない場合もございます。追記ブロックされると退会された相手と表示されますがマッチング後の退会は秒でできるわけがないのでブロックされてます。諦めましょう。

「Facebook連動でおすすめの出会えるアプリは?」「そもそもFacebook連動アプリはどれほどある?」など、アプリを選ぶ上でFacebook連動のアプリが気になりますよね。

Facebookを使ったおすすめ出会いマッチングアプリ第10位はCROSS ME(クロスミー)。「すれ違いを恋のきっかけにするアプリ」と謳っており、すれ違った女性に「いいね!」を送ることが可能です。運営がサイバーエージェントと、ちゃんと運営されているアプリなのは間違いないのですが、唯一の欠点はユーザー数の少なさ。地方で例えば福岡の18〜24歳で検索をかけた場合だと57人しかユーザーがいませんでした(2016年11月24日時点)。ある程度のユーザー数が集まるまで、地方在住者は使わないことをおすすめします。東京都内の方でしたら、新鮮な体験ができるので、ぜひ一度使ってみてください!

Facebookアカウントがあればすぐに始められるfeliz(フェリース)。年齢認証と監視を24時間行っているため、真面目な婚活層に利用者が増えている人気出会い系アプリです。

そして、自宅にいながら出会いを増やすためのツールとして「マッチングアプリ」を使う人が急激に増え、最も異性に出会いやすいツールになっています。

このページを読めば、どのアプリがFacebook連動アプリか一覧で分かり、そのおすすめと、また出会いを高めるテクニックが分かるため、素敵な相手を見つけるためのヒントを得ることができるでしょう。

↓は実際にフェイスブックを使って連絡してきたサクラの情報です。

Facebook連動によって写真はサービス内に出てしまいますが、多くのサービスにおいて、Facebook上の本名が載ることはありません。自動でイニシャル表示にされる以外にも、登録名を自由に変更できるなど、自分の身バレを防ぐ配慮がされています。自分の名前をGoogleで検索するとFacebookを含め、過去にネットに掲載された実績など、検索結果からすぐに自分の身元が分かる時代。出会いサービス上に公開される顔写真と名前から「身バレするのでは……」と不安に思う人も安心して利用できるでしょう。

緊急事態宣言が解除されたものの、外での出会いが期待できない今、全国的に出会いの場が急速にオンラインへ移行しています。