出会い系

ペアーズ メッセージ 履歴 消えた

ペアーズ メッセージ 履歴 消えた

そのため、Pairs(ペアーズ)がエラーで使えないときは、他のマッチングアプリを使うことをおすすめします。ひとつのアプリだけにこだわるのは時間の無駄です。複数のアプリを掛け持ちしていれば、不具合を気にする必要が一切ありません。

ペアーズのようなすでに会員数も多く有名なアプリがサクラを使うのは、メリットが薄く発覚した際のダメージが大きいため、ペアーズがサクラを使うことはないでしょう。

ペアーズには先程解説したブロック機能の他に『非表示』という機能があります。じゃあこの2つの機能はどう違うのでしょうか?この両者の機能を解説していきます。

ペアーズでやり取りをしていると、時には不快なコミュニケーションをしてくる輩もいるかもしれません。 そんな時は、ペアーズの非表示とブロック機能を使って対処しましょう! ペアーズのブロック機能の意味と使い方 不快な思いをさせる人や、コンタクトをとりたくない人、さらに知られたくない知人・上司を発見した場合にはブロック機能を利用しましょう。 ブロックをすると、お互いの情報の全てが表示されなくなります(メール送受信履歴含む)。 スマホの場合、ブロックしたい相手のプロフィール画面右上のメニューから「ブロック」を選択。 マッチング相手が退会orブロックしたのかを見分ける方法 マッチングしたお相手がメールの一覧画面に表示されなくなったとき、お相手がペアーズを「退会した」か、あなたを「ブロックした」かどちらかになります。 もし「ペアーズを退会」したのなら、メールボックスの 「退会者を表示する」を選択すると、退会者が表示され、お相手のニックネームや年齢から推測ができます。 もし、そこに表示されなかったら、「ブロック」されたことになります。 ペアーズの非表示機能の意味と使い方 ブロック機能はお互いに一切の情報が見れなくなるのに対して、非表示機能は自分だけ相手の情報を表示させないようにする機能です。 相手にはあなたのことが表示されている状態です。 非表示機能を使うシーンとしては、「毎回ログインしている興味のない人」や「恋愛対象外の人」を非表示にすることで、それ以降は検索画面に表示されないので、とても見やすくなります。 非表示設定や解除方法はブロック機能と同じです。 まとめ そんなに使うシーンはないと思いますが、やり取りするなかで「しつこい人」や「不快な人」はどうしても現れてしまうもの。 そんなときは爽やかに「ブロック」を押しましょう。 万が一、明らかに出会い目的でない商用目的の人や肉体目的の人とマッチングしてしまった場合は、運営元へ通報をしましょう。

「メッセージを開封する」と表示されて相手のメッセージが見れないエラーは、有料会員になっていないことが原因です。Pairs(ペアーズ)では無料会員は最初の挨拶を送ることしかできず、女性からの返信を見る・二通目を送ることができません。

ペアーズでやりとりしていた相手とのメッセージが突然消えた場合、相手にブロックされた可能性があります。ブロックされると相手とのメッセージ履歴はすべて見られなくなり、【退会済み】と表示されます。

ペアーズが合わないと感じている方はこちらの記事をどうぞ⇓あなたにピッタリのアプリが見つかるかも!

ペアーズ(Pairs)で同性会員を検索する方法|見られたくない場合の対処法は?

ペアーズでは相手を不快に思ったり、もう2度とメッセージなどしたくない!と思った時にブロックすることで相互に連絡できないようにする機能があります。これは、マッチング後でもマッチング前でも使える機能です。

ペアーズでは、やりとりをやめたい相手や自分のプロフィールを見せたくない相手がいるときに、その相手をシャットアウトすることができるブロック機能というものがあります。LINEで面倒くさい相手をブロックするのと同じイメージです。

ペアーズを退会したなら、他のマッチングアプリを使ってみるのもおすすめです!

見られなくなるのはメッセージだけではなく、相手のプロフィールも見ることができません。相手の存在がペアーズ上から完全に消える(あなたから見ると)ということになります。

「ペアーズでマッチングしたけど、ラインを交換するタイミングに悩む…。」…

Pairs(ペアーズ)でエラーが出てグーグルプレイ決済ができないときは、支払い方法を再確認することをおすすめします。下のリンクから”お支払い方法”を開き、一旦全て削除したあとにクレジットカードを追加しなおしてください。

Pairs(ペアーズ)のエラーの中で一番多いのがメッセージが送れない不具合です。もし、頻繁に起きてストレスが貯まるときは他のマッチングアプリに乗り換えるのも一つの手です。不具合が少なく快適に使えるアプリは沢山あります。