出会い系

ペアーズにはブロックと似た機能に非表示というものがあります

ペアーズにはブロックと似た機能に非表示というものがあります

例えばペアーズでは毎月「30いいね」が付与されますが、無料会員だと保有できる「いいね」に上限があるので、余らせてしまうと損することになります。

ペアーズではブロックされた場合、相手は「退会済み」と表示されるので、相手が本当に退会したのか、自分がブロックされてしまっただけなのか、見分けがつきません。もちろん、友人などの他人のペアーズアカウントを利用してこの相手のアカウントを探すことはできますが、結局のところ、ペアーズを通してこの相手と連絡することはできないので、さっぱりとあきらめて次の出会いを探すように切り替えていくことが大切です。

ペアーズには詳細プロフィールの欄に、「同居人」について記載する箇所がありますが、意外とここを重視する女性が多くいます。例えば「実家暮らし」であれば、「結婚しても、相手の実家にずっと住まなくてはいけないのか?」「全く家事が出来ない男性なのか?」と不安に思う女性が多いのです。

ペアーズにいるイイ女とは?いいねの数ではなく男は〇〇で判断するべし!

ペアーズでマッチング出来ない主な理由は、以上の7つです。具体的にどういうことなのか、見ていきましょう。

それでは、ペアーズでマッチングするための具体的なコツを見ていきましょう。

ペアーズのブロック、または非表示の設定方法は次のとおりです。

ペアーズだけに限ったことではありませんが、マッチング出来ない理由の一つとして「いいねをする相手が悪い」ケースもあります。

そこで今回は、実際にPairs(ペアーズ)を使っている上で起きやすい不具合・バグの直し方から、一見すると不具合じゃなくて仕様であるものまで、全て解説していきます。

そもそもペアーズを使う主な年齢層と、自分の年齢がマッチしていない場合もあります。ペアーズの年齢層は25歳~35歳くらいが多く、婚活よりもやや恋活目的の方が多い傾向があります。

などなど、Pairs(ペアーズ)で恋人を見つけよう!って意気込んだのに、不具合が起きてアプリがちゃんと使えない…そんな萎える状況は早急に解決したいですよね。

ペアーズにはブロックと似た機能に非表示というものがあります。非表示とは、相手を検索結果やメッセージの一覧などに現れなくする機能です。

ペアーズ(Pairs)のマッチングとは、お互いがお互いを「いいね」した状態を「マッチング」と言います。

それでは最後にペアーズ同様、既婚者が少ないマッチングアプリをご紹介します。