出会い系

出会系 新潟県知事

出会系 新潟県知事

一部で結婚すると報じられた作家でタレントの室井佑月(50)と前新潟県知事の米山隆一氏(52)が、それぞれツイッターを更新し、近日中に結婚すると報告した。
米山氏が9日、「新型コロナの事がありますのであまり大事にしないようにと思いご報告を控えておりましたが、報道されている通り室井佑月さんと近日中に入籍の予定です」と公表。室井はこれをリツイートした。
10日には室井も「今、コロナでつらい思いをされている人がいるから、世の中がもう少し落ち着いてからお知らせしようと思ってたんだ。黙っててごめん」とツイート。「年齢考え、こういうの恥ずかしくて躊躇(ためら)いがあった。ま、悪いことで載ったんじゃないから、いいね!」と記している。
室井は1999年に作家の高橋源一郎氏(69)と結婚し、2000年に長男を出産。01年に離婚した。
米山氏は16年に新潟県知事に就任。18年、出会い系サイトで知り合った女子大生に金品を渡して交際していたことが明るみとなり、辞職した。

ハッピーメール米山隆一新潟県知事が出会い系で女子大生を買春し恐喝される 新しいハッピーメールの広告を考えてみた。 週刊文春デジタルで《完全版》動画が公開中。 自民党公認で衆議院選挙に立候補し落選ということだけ報じている。 米山知事は自民党を裏切り、維新に移り、知事選には、共産党、社民党推薦で知事に当選したわけのわからない人である。 知事辞任は、支持者から言われたということだ。 米山さん恐喝の被害者じゃん。 だが、相手が悪かった。 出会い系サイトなんかで知り合うからである。 福田財務次官のセクハラ疑惑に関しては、被害女性が名乗り出ないし本人が否定しているから事実関係が解らず処分しようがない。 これだけの違いだろ。 — ボヴ cornwallcapital 米山隆一新潟県知事(50)は出会い系サイトのハッピーメールを通じて複数の女性と援助交際を行っていた。 女性の1人・A子さん(22)は1回あたり3万円を受け取っていた。 文春は買春だと報じている。 — うっちー charisma0919 米山知事、「少なくとも僕は好きでしたよ」「相手も思ってくれてたと思う」と、自由恋愛を強調していたとのことだが、ハッピーメールで出会った、一回3万円を徴収し、挙句の果て恐喝までしてきたクソビッチJDに対しこんな切ない想いを全国会見で吐露する50歳独身のオッサン。。 泣ける。。 — ボヴ cornwallcapital 某県知事の辞任会見感動した。 地位も名誉もお金もあっても女性に振り向いて貰えないとか地位名誉お金何も無い俺とか絶望的だもん。 ハッピーメールにサクラがいない事を自らの首を捧げて証明してくれた某県知事の遺志を継いで俺もハッピーメールでJDと出会わなくてはならない — あなざー vipanother 10年くらい前にハッピーメールで会った子の1人の話だけど、直接メール来たから何回かメールして、会ってから条件決めましょうってなって、会ったらめちゃくちゃ可愛い子でめっちゃテンション上がって一緒にメシ食って酒飲んで、程よくなってホテル行って一緒にお風呂入ろうとパンツ脱がせたらチンコつ — いてん i10ug こちらドイツで報じられているのは、シリア、難民問題、G20、わが闘争(Mein Kampf の上演、その他といった感じなのだが、日本のメディアは、セクハラ!セクハラ!ハッピーメール!ハッピーメール!といった感じか。 本社の独人達が苦笑い。 情けなかぁ。 県民と亀田製菓の方のすみません? どうしても頭から離れず…。 嫁さんももらえる。 — T. tstateiwa 独身男性が何をしようと構いませんが、ハッピーメールで美人局JDに出会ってマジになり、毎回3万円を渡した挙句に恐喝され、ついには知事職も辞めるはめになるなんて・・・。 どんなお偉い政治家か知りませんが、初老のおっさんの悲哀、泣けるドラマのようですね。 — xiaomeimei xiaomeimei17.

現役知事が出会い系サイトを通じて女子大生と出会い、何度も逢瀬を重ねていた上に金銭も支払っていた。週刊誌による報道で発覚した前代未聞の事態は、当事者の新潟県の米山隆一知事(当時)が4月18日に辞任するに至った。会見では「好かれるためだった」と視線を落としていた。 灘高、東京大学医学部を卒業し、医師のみならず弁護士の資格まで得ているという超のつくエリートである米山前知事。しかし、会見での様子からは50歳の独身男性の悲哀を感じさせた。 そこで、出会い系サイトでの出会いについて描いている、今話題の本「出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと」(河出書房新社)の著者である花田菜々子さんに、「きっと精神的に落ち込んでいるであろう米山前知事にオススメの本はないでしょうか」とかなり無茶なお願いをした。 書店員としての経験を持つ花田さんは、とあることがきっかけで出会い系サイトに登録し、そこで知り合った人たちに本を勧め続けた。著書はその1年間の経験を元にしている。 花田さんは、米山前知事の女性問題について、意外にもエールを送った。「会見を見て、心を打たれました。今政治家の方々は、男尊女卑が酷いですし、しかも嘘ばっかりだったとか、性被害を受けている人に対してとても真摯とは思えない言い方をしています。それに比べて米山さんは、人間らしさと素直さを感じる。頑張って欲しい。米山さんと対談とかできませんか」 思わぬ反応に驚かされたが、花田さんに限らず、米山前知事の会見のやり取りを見て、同情を寄せる声は実は少なくない。米山前知事は1時間15分にも及んだ18日の辞任会見の中で、次の様な言葉を漏らしている。「(衆議院議員総選挙で)落選中の中、なかなかお付き合いする人にも恵まれない中で、お付き合いする人を探すと。そしてその中で、相手の方の歓心を買うと言うのでしょうか。そういった中で、プレゼントがあったり、金銭の授受があったりということがございました。私としては、それは交際の中でのことであったと思っていましたけれども、しかし、それはそうでないととられる余地もあったわけです」 さらに、質疑応答で体の関係を持ちたいから、金銭や物品を渡したのではないかと質問された際には、こう答えている。

「米山知事が周囲に語っている内容でいうと、いわゆる出会い系サイトで若い女性の方と知り合って関係を持ったと。そのとき、金銭供与が生じているということのようです。知事になった後も回数は少ないけどもあったというようです」

新潟県の米山隆一知事(50)が辞職の意向を固めたことが分かった。関係者が明らかにした。既に周辺に伝えており、民進党など県政与党は後継候補の検討に入った。近く発売される「週刊文春」で、自身の女性問題が報じられることが理由とみられる。米山氏は独身のため、単なる交際発覚などが理由とは考えにくく、出会い系サイト絡みではとの見方も浮上している。

新潟県の米山隆一知事(50)は2018年4月18日、県庁で記者会見し、辞職をすることを表明した。19日発売の週刊誌「週刊文春」に、出会い系サイトを利用した女子大生との援助交際が報じられることを受けたもので、米山知事は事実関係を認めた上で「わたしとしては交際の中でのことと思っていたが、そうではないと捉えられるところがあった。県政に混乱をきたし、不徳の致すところで、辞職を決意した」と述べた。