出会い系

はっきり誘ってこない男

はっきり誘ってこない男

そのため、いつまでもはっきりしない男性の態度にイライラし、メールの返信をわざと遅らせたり、他の男性を話題にしたりなど、恋の駆け引きをするのは危険です。

残念ながら男性側がはっきりと断るのが嫌であえて返事をしてこない場合もあるので、自分の中で期限を設けて、その日までに男性から連絡がなければすっぱり諦めて気持ちを切り替えましょう。

目は口ほどにものを言うと言われています。2人きりで話をしているのに目が合わなかったり、明らかに視線を逸らしたりといった態度も脈なしサインの一つです。男性は好きなタイプの女性を見つけると、自然に目がいくものです。中にはしばらく見つめてしまうほど視線を向ける男性もいるくらいです。男性があなたに好意を持っているのであれば、目を合わせて話をしようとする筈です。例外として、シャイな男性が恥ずかしさから視線を逸らす素振りを見せる事がありますので、判断する際は注意が必要です。あなたの方から彼に目を合わせて話しかけても上の空だったり、周りの人や建物等に目を向けたり…と、そんな態度が見られる場合。言葉ではっきり言わないまでも、心の中では「もう会話を終わらせたいな…。」などマイナスな気持ちを持っている可能性があります。男性は追われれば逃げ、逃げるものを追いたくなる傾向があると言われています。もし、女性からグイグイアプローチをしている場合は、そんな男性の傾向が働いているのかも知れません。

いつも無愛想、態度はつっけんどん、冷たくあしらい、アプローチはいつもあなたから…もう脈なしと言いますか「論外」です。誘ってもなかなか誘えない、誘えても遅刻は当たり前、別れ際も何も言わず次に会おうとしても、なかなか連絡がつかないのではないですか?そもそもそんな完全な脈なし状態で、まだその男性と関係が続いているあなたに疑問を感じます。とは言え、そんな扱いを現実に受けているあなたはもうとっくの前に、脈なしと気付いているのでしょう。もはやこのような男性の脈なしの背景など、これ以上語るまでもありません。ただしこのタイプ、確率は低いのですが脈なしとは逆にあなたに好意があるケースがあり、一応は慎重に動向を見る必要があります。要するに、好意がある場合でこのような応対をするのは「照れくさい」からで、この応対をされて直ちに関係を切ると好意を見逃してしまう可能性があるのです。先ずは、その男性の気持ちを探りましょう。探り方については、あなたが何を言おうと応対は変わらないので、いっそのこと泣いてみたりして男性を揺さぶってみると本音を漏らすかもしれません。それで、もしその言動が好意によるものであれば、心の中でガッツポーズをしながらもっと素直になってほしいと訴えてあげれば、晴れて新たなカップルが成立です。しかし逆に、他の脈なしサインのいずれかが該当していれば、さっさとその男性を切ってしまうのがあなたのためになります。そのままその男性と居たところであなたが得るものはありませんし、ストレスが溜まるだけです。はっきり言って、何のメリットもないのです。むしろずっと与えられない愛情を求め続けた末に、疲れきったあなたは脈なしを痛感して自分から身を引くのだと思います。「好きだから」も一途で素敵だとは思いますが、その脈なし恋愛は間違いなく成就することないでしょう。程なく終わりを告げることになると思います。

脈アリなのかはっきり分からない時こそ、じっくり作戦を練って、男性が思わず「OK!」と言ってしまうお誘いメールを送りましょう!

男性は女性に優しいというのが定説ですし、女性のように脈なしとはっきり突きつけるような真似は少ないのでは?と考えている方が多いのではないでしょうか。実は、意外とそうでもないのです。まず男性の優しさの根底にあるものですが、それはあくまで男性がその女性にある程度以上の好意がある、あるいは嫌われたくない、嫌われると困るという背景が挙げられます。ここまでなら女性と同じですが、さらに男性の場合は「下心」で優しくするケースもあります。よって男性は、女性より「優しくする機会が多い」のが分かると思いますし、実際にそれが”男性は基本的に優しい定説”になる理由として挙げられるのでしょう。このように女性に優しくする機会の多い男性ですが、「好意が全くない」脈なしの状態となれば、話は変わります。全ての男性がそうではありませんが、基本的に男性は感情を隠すのがそれほど上手くないため、「脈なし」のサインは女性のそれより分かり易くすぐに見抜けるのです。となると、それは心の底から思っている「本音」であり「好意が全くない」、要するに脈なしなのです。女性は、女性自身「嫌い」と言いつつ実は気になっている…なんてことがありますが、男性はそれがほぼありません。男性は興味がなければ残酷なものです。普段は優しいだけにいざ好意が全くないとなれば、女性の言う「嫌い」より遥かに壊滅的なのが男性なのです。そんな状態で、その男性に時間を費やしてもいつ振り向いてくれるか分かりません。それよりもさっさと見切りを付けて次の恋愛に向かった方が、あなたのためになるのではないでしょうか?。今日は「脈なしサインの見極め方(男性編①)」として、「脈なしな行動・態度」をお送りしました。それでは、この辺で失礼します。

ただそれとは正反対に、女性を恋愛対象として意識しすぎて振られるのが怖くてはっきり誘えないパターンも考えられます。デートに誘ったものの自信のなさから躊躇しているのです。

男性は女性に比べて、脈なしサインがはっきりとしている傾向にあると言われます。女性は気遣いから、興味がない恋愛対象外の相手に対しても曖昧な対応を取ってしまいます。そのため、結果的に脈なしサインが相手にあまり伝わらない傾向があります。しかし、男性は女性よりも好意を持っていることを明確に態度や行動で分かりやすく伝える人が多いので、脈なしサインがはっきりしているのです。今日は「脈なしサインの見極め方(男性編①)」として、「脈なしな行動・態度」をお送りします。

最後に、最も基本的な脈なしサインになりますが、そもそも連絡先を聞いてくることがないというのも、片思いのお相手からの脈なしのサインになります。連絡先を聞いてこないというのは、プライベートな時間まであなたと一緒にいるのが嫌だというサインなのかも知れません。連絡はいつもスマホのショートメールだったり、誰かから連絡を受けるという場合も、脈なしの可能性が高いと言えるでしょう。あなたがそれとなく連絡先を聞いてもうまくかわされてしまったり、教えたくないとはっきりと言われてしまったという時は、片思いの男性はあなたを女性としてではなく、友達や仲間としてしか感じていないのだと思います。残念ながら“アウトオブ眼中”でしかありません。