出会い系

誘ってこない男 冷める

誘ってこない男 冷める

気持ちが冷めてしまった相手とのやりとりほど、あなた自身が楽しむことをオススメします。

例えば、3回デートに誘ったうち2回も断られるようであれば確実に別れの予感だと考えて良いと思います。

彼の気持ちが冷めてしまった時こそ、一対一ではなく友達数人と鍋を囲むことです。

男性としても誘ってくれたことが嬉しいし、デート場所を決めなくていいので精神的にも楽になります。

デート費用で出費がかさむし、lineに返事するの面倒だし、と思い始めるとデメリットの方が多くなりかけてることに気付いて益々冷める。

「気持ちに応えることができない」「もう飽きた」「冷めてしまった」という、気持ちを伝えるために、わざとあなた以外の女の子と仲良くしているものです。

彼の気持ちが冷めていく変化の始まりの分岐点はどこだったのか? それは、ずばり、「好き」度合いが逆転して、あなたが追いかけすぎた時です。最初のアプローチは彼からだった、とは言え、月日が経過して一緒に過ごす時間が日常化すれば、付き合えた当時の感謝の気持ちも薄れてしまうもの。付き合っていた当初は喜んでいたデートや、誕生日やクリスマスなどのイベントを面倒くさそうにしたり、お願いしたことを理由をつけてあとまわしにされたり、メールやLINEの返事が遅くなるなども、感謝の気持ちが薄れているサインのひとつかもしれません。それにあなたが不安になったり、怒ったりして、喧嘩が多発しはじめたりするのも兆候になります。付き合った時が最高潮で、あとはただ冷めるだけ……では意味がありません。関係を深めて幸せなお付き合いを続け、さらには結婚生活を続けるなら2人の愛情の力関係のバランスを保つために、付き合ってから対等な2人の関係を築くのが大事なポイントなのです。

目が合えば近寄ってくる、毎日電話をしていた、というほど仲がよく「これは両思いだ」と思っていても、目が合うと逸らす、電話がなくなるなどの態度にプラスして、他の人とは笑顔で話しているのに、あなたが話しかけるとすぐにいなくなってしまうという態度があれば、冷めてしまった証拠となります。

デートの場所が近くばかり選ぶようになれば、冷めたときの行動といえます。

何も音沙汰なく電話やlineを無視されるようになるのは、あなたに対して冷めてしまったという気持ちの表れなのです。

冷静に、なぜあなたに対して冷めてしまったのか彼の気持ちを聞いて、「そんな思いがあったんだね、理解できなくてごめんね」と優しく寄り添いましょう。

最近、彼氏からの連絡がない、もしくは少なくなっている。デートのお誘いもなくなり、連絡はいつも私から。メールを毎日送ってもスルーされたり、返ってくるのは3~4日後で、しかも、淡白なメールばかり。このように、付き合い当初に比べて、明らかに彼の愛情が冷めた気がして、モヤモヤした気持ちを抱えている女性は少なくありません。「もう私のことは好きじゃないの?」「他に好きな人ができた?」――つい悪い方へ悪いほうへ考えてしまって不安になってしまう。そんなときこそ、彼にやってはいけない行動パターンがあるのです。

最初は恋愛対象ではなかったけれど、出会ってから熱心にアプローチしてくれた彼の熱意と誠実さに惹かれて、女性の方がぞっこんに惚れてしまう……そんな恋愛の成功ストーリーはよくあります。もちろん、そのまま両想いになって、幸せな結婚をするカップルもたくさんいます。一方で、実際に付き合い始めてみたらわずか数カ月で、彼の態度がそっけなくなり、別れを告げられたり、挙句の果てには浮気が発覚して破局……なんて最悪な結末を迎えてしまうというケースもあります。彼の熱烈なアプローチから始まった恋愛が、男性側の理由で終わってしまうと、モヤモヤした状態になってしまうもの。原因がわからず、「あの彼の熱いアプローチは何だったのだろう? 私の何がいけなかったのだろう? それとも彼が遊びだったり、釣った魚に餌をあげないタイプだと気づけなかったのがいけないの?」などと疑心暗鬼になり、次の恋愛に進むのが怖くなってしまうかもしれません。両者の違いとは何だったのでしょうか?女性を追いかけて熱烈にアプローチする男性の多くは、狩猟本能ともいうべき、口説き落としたい!という気持ちを持っています。手に入ったと感じたとたん、徐々にその熱が冷めていくということは確かにあります。熱意が冷めてから改めて2人の関係性を築ければよいのですが、そのタイミングで、「別れたい」「結婚はない」と思われてしまうのには、あるポイントがあります。もしかしたらそのミスマッチは、あなたの彼への接し方や態度が原因かもしれません。惚れた男性を逃がさず、彼の気持ちの鮮度を守る方法について考えてみましょう。

シビアなお話ですが、恋愛はどちらかが冷めてしまえば終わってしまいます。たとえあなたが「別れたくない」と彼にすがったとしても、残念ながら別れを宣告されることだってあります。自分が渦中にいれば、なかなか冷静に感情をコントロールできないものでしょう。しかし、ピンチかもしれないときにこそ、彼との関係を良い方向へ戻していくための「最善策」を講じていきたいものです。あなたが彼との関係をしっかり取り戻すためには、彼自身に、あなたが大切な存在であることに気付いてもらわねばいけません。それでは一体どうすればいいいのでしょうか?

男性を目の前にしたときに、顔がこわばってしまう人がいます。もちろん、普段から笑顔が少ない人もいれば、男性に慣れておらず無意識に緊張してしまう人もいるでしょう。しかし、本来いちばん魅力的なはずの笑顔が少ないのはとてももったいないこと。一歩間違えれば、全然その気がなくても、何か怒っていそうで怖い、すごくつまらなそうにしている、などとネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。相手をデートに誘ったり、連絡先を聞いたりする「隙」として、意識して笑顔を増やすことをおすすめします。