出会い系

スマートフォンの位置情報を利用するマッチングアプリ

アメリカで誕生し世界24か国で利用されているマッチングアプリ

審査制のマッチングアプリ。身分証明書の提出で、顔写真など一部を隠して送付する「年齢確認」と、隠さず提出する「本人確認」を選べます。「年齢確認」のみでも利用はできますが、本人確認をすることで表示される「本人確認済み」アイコンがあると信頼度が上がりマッチングされやすくなります。

スマートフォンの位置情報を利用するマッチングアプリ。空いている時間やよく行く場所など、行動範囲が近い相手を探すことができます。Facebookからの登録の場合、Facebookの友だち同士は検索で非表示となり投稿も表示されません。

経営者層に完全特化したビジネスマッチングアプリ。利用地域に制限がなく全国の経営者と出会うことができ、直接日程を決めて会うほかLinker主催のイベントで会うこともできます。

女性のみを対象として、気軽にお茶を飲んだり飲みに行ったりする女友だちを探すマッチングアプリです。現在は利用できるエリアが東京・関西・名古屋・札幌・仙台・静岡・広島・福岡エリアに限られています。

堀江貴文氏がプロデュースするマッチングアプリ。「2対2で焼き肉を食べに行く」というユニークなスタンスで、「男女の恋愛や出会いを目的としたサービスではない」との説明通りデートというよりは飲み会に近く、ゆるい感じで出会いの場をセッティングするアプリとなっています。

2018年の成婚実績が2442人(公式サイト)で30代の登録が中心。プロフィールの登録が豊富で、自分の条件に合う相手を探しやすいマッチングアプリです。

完全審査制で、基本的な操作はスワイプのみという手軽なビジネスマッチングアプリ。有料プランでは、毎日選出される相手を職種や年齢などの条件で絞り込める「フィルタ機能」が利用できます。

経営者同士を結ぶ完全審査制の経営者向けビジネスマッチングアプリ。代表取締役・取締役、執行役員など経営層のみが登録可能です。

まずは「会う」ことを目的としており、恋愛に限らず気の合う人を探したり、気軽にデートをしたいという人向けのマッチングアプリ。

マッチングアプリは目的にあわせてさまざまなサービスが増えています。利用するユーザーも、年齢層や目的にあわせて選んだり、複数のアプリを使い分けるなど用途が広がっているようです。

使い方はマッチングアプリと同じですが、食事デートを前提にマッチングするため、マッチング後は提携飲食店に行くだけでよく、安全に会うことができます。

アメリカで誕生し世界24か国で利用されているマッチングアプリ。日本版の会員数も多い人気アプリです。

月刊情報誌『東京カレンダー』の東京カレンダー株式会社が運営する審査制のマッチングアプリ。「アッパー層のための審査制デーティングアプリ」をうたっていて、高学歴、高収入の男性会員が多いのが特徴です。

写真を頼むならどっちがいいと思いますか? マッチングアプリで使用しようと思っているのですがタイムチケットとアワーフォトが比較的リーズナブルかなって思うのですがどちらのサイトの方がいいのでしょうか?。

aocca(アオッカ)はデーティングアプリの機能とマッチングアプリの機能を両方使えるアプリ/サイトです。