出会い系

初デートで手を繋ぎたいと思うのは自然なことです

初デートで手を繋ぎたいと思うのは自然なことです

彼女とデートをしているときは、毎日会えるわけではないので可能な限りくっついていたいタイプです。

冬の寒い時期、お外にデートで出かけているのであれば「手が寒いから温めて~」と甘えてみるのも良いですね。

お互いの雰囲気が良くなった瞬間が手を繋ぐタイミングです。
初デートで緊張も緩み、自然な会話ができてお互いにもっと側にいたいと思った時に手を繋ぎたくなりますよね。
昼間は恥ずかしいと思っていても、夕飯を食べてそのまま雰囲気の良い場所で散歩をしている時にどちらからでもなく少しずつ触れ合って手を繋ぐのは良くあることです。もっと一緒にいたい、もっと近くにいたいと思う気持ちがお互いに高まっている時なので、密接な関係を持ちたいと思っているなら思い切って少し寄りかかってみましょう。
その動作だけで相手の好きな気持ちを伝えることができますよ。

初デートはお互い緊張していて手を繋ぐのは難しいですよね。それに、相手を知る時間も大切です。なので、デートを重ねて2~3回目で手を繋ぐのがベスト。逆に、何回もデートをしているのに手を繋がないと「脈なしなのかも…」と感じられてしまう危険性があるので注意です…。

相手の女性が可愛いと思っていると男性は手を繋ぐのです。
初デートで相手の女性が可愛い、愛おしいと思う気持ちが高まると男性は手を繋ぎたくなります。
自分の手で女性の柔らかい手を包むように手を繋ぐことで守ってあげたい気持ちを表しているのです。
愛情深く、包容力が高い男性に多い心理です。
そんな男性は、手を繋ぐ時に女性の手を包むように優しく触れるのが特徴となります。
同じ手を繋ぐという動作でも、どう手に触れるかで男性の心を感じ取ることができるので、触れられ方を思い出してみましょう。
手に触れた後の繋ぎ方も観察しておくと男性の心理が分かりやすいですよ。

私はデートの時は常に手を握っていたいタイプです。

会話が盛り上がっている時に自然と手を繋ぐ方法を使いましょう。
お互いに盛り上がるような会話になってきた時に、もっと話をしたいと気持ちを表すためにハイタッチするように男性の手に自分の手を重ねて繋ぐのもお勧めです。
繋ぎながら会話が途切れないようにするのがポイントです。
スポーツ観戦中やイベント中にもこの方法を活用できます。
会話や応援を楽しみながら盛り上がってきたら、隣にいる男性の手を掴んでしまえば良いのです。
この後に少し恥ずかしそうに「急にごめんなさい」と言えば、可愛いと思ってもらえます。
帰りの会話でも盛り上がってきたら、思わず男性の手を取って嬉しそうに会話をすれば男性も嬉しく思ってくれます。
初デートでもこの方法ならはしたない女性と思われないのでやってみましょうね。

初デートで手を繋ぐ男性の心理とはどんなものがご存知ですか?
その心理を知ることで、初デートで手を繋ぐベストなタイミングと方法が見つかります。
まずは、どんな状況や場面が適切なのか、どんな言葉や仕草で手を繋ぎたいと伝えると良いかを知っておきましょう。

手を寒そうにして、息を吹きかけて温めてみましょう。
「寒いね、なかなか手が温まらない」と言いながら手に息を吹きかけて温めてみるのも良い方法です。
初デートの最初よりも、話も弾むようになってきた頃がお勧めのタイミングです。
そんな動作を見ても、手を繋ごうと言ってくれない時は「少し温めてくれる?」と言ってみると良いです。
そこまで言われれば、ほとんどの男性が女性の手を温めてあげようとしてくれます。
男性が手を温めてくれたら「温かい、幸せ、このまま温めてくれると嬉しいな」と言えば手を繋いだままでいてくれますので試してみましょう。

友達以上の関係になりたい気持ちが強いと手を繋ぎたくなります。
男性が初デートで手を繋ぐのは、友達以上の関係になりたい気持ちが高まっている時です。
独占欲が強く、嫉妬深い男性に多い心理でもあります。
そんな男性は手を繋ぐ時に、指を絡ませるような動作をすることが多く、あなたがどう反応するかを観察していますよ。
その絡めてきた指が男性自身の気持ちを強く表しているので、拒否するような動作をしないように気を付けましょう。
ギュッと掴むように絡めてくるなら、他の男性に渡したくないという強い気持ちを持っています。
何度も繋ぎなおすように絡めてくる場合は、男性の性欲が高まっている証拠です。
自分たちの関係が曖昧で友達から恋人に発展した関係に多いパターンでもあります。

さりげなく男性の手に自分の手をぶつけてみましょう。
初デートで手を繋ぐキカッケを作りたいなら、自分の手を男性の手にさりげなくぶつけてタッチするのが良いです。
必ずやっておきたいのが、手のお手入れです。
柔らかくて良い香りのする手を男性は好みますが、逆にゴツゴツしていて荒れている手や爪が長い、ネイルがギラギラしている手でこの動作をしてもあまり効果がありません。
男性の手にぶつかった時に、思わず触れたいと思わせるような柔らかい手にしておくことをお忘れなく!
男性にはない柔らかい手に触れれば男性も自然と手を繋ぎたくなりますよ。

夜に2人きりになった時も手を繋ぐタイミングです。
初デートで、昼間は楽しい時間を過ごして気がついたら夜になっていたことありますよね。
夜はお互いに気持ちが少し緩む時間帯でもありますので、男性から少し距離を縮めてきたら手を繋ぐ準備をしておきましょう。
奥手な男性には、あなたからボディタッチしていくのが良いですよ。
夜なのを利用して、少し夜景が見える場所などにいくことで男性の気持ちも開放的になります。
そんな時間に、彼の肩や腕にちょこんと頭をつけて甘えた動作をしてみましょう。
それでも通じない時は自分から彼の手に触れるようにしてみると良いです。

デート中に彼氏が手を繋いでくると、嬉しい反面「どうして手を繋ぎたいんだろう…?」と疑問に感じることもありますよね。

初デートで会話が盛り上がった後に、お店を出る時が絶好のタイミングです。
食事をした後や映画を観た後、スポーツ観戦、ライブやイベントの後に会話が盛り上がってお互いに気持ちが高まっていると自然にお店を出る時手を繋ぐようになります。
気持ちの密着度が体の密着度と比例してくるのです。
同じ気持ちや価値観が合うと感じると心の距離が縮まると同時に、パーソナルスペースを超えて密着するようになります。
同性同士でも気が合う子と思わず手を取り合って喜んだ記憶がありませんか?
それと同じような状況が男女では手を繋ぐ動作になっていくのです。

初デートで手を繋ぐ男性の心理は、デートをしている実感が欲しい時や相手の女性を可愛い、愛おしいと思っている時、好意や友達以上の関係であることを確認したい時などです。
どれも相手の女性に対して好意を持っている感情であるのが良く分かりますよね。
タイミングとしては、会話や気持ちが盛り上がった後や人混みではぐれそうになった時、2人の雰囲気が盛り上がってきた時などです。
そんな絶好のタイミングを逃さないために、手を繋ぎたい時はさりげなくボディタッチや「温めて欲しい」と言う言葉で伝えましょう。
初デートで手を繋ぎたいと思うのは自然なことです。
意外と男性も思っているけれど言えずにモジモジしていることもありますので、そんな時は女性からさりげなくリードしてあげるのがお勧めです。