出会い系

出会系 ティンダー

出会系 ティンダー

3.プロキシミティ機能で、自発的な出会いが加速
プロキシミティ機能とは、ユーザーの設定した地域で、マッチング可能性がある相手を探せる機能です。
例えば、「この地域から●キロ以内にいる人」などが設定可能でサービスローンチ当初、同じ地域やイベントで出会えると話題になりました。

もっともあり得る結末は、進化的により安定した戦略が出現することだ。もしかするとその戦略はもう出現しているかもしれない。ティンダーだけが自社のデータからその結末を知るが、ティンダーは何も語らない。

フェイスブックが新たなサービスとして、大学生間のつながりをサポートする「フェイスブック・キャンパス」を発表した。しかし、インスタグラムやティックトックを好むZ世代の若者に受け入れられるかどうかは未知数だ。

3.大学キャンパスごとに、ユーザー限定のパーティーイベントを行った。
大学のキャンパスごとに、現地の大学生のアンバサダーを雇いました。
そして、Tinderユーザー限定のパーティーを定期開催したんです。
ターゲット層の同じ世代である大学生が主催し、イベントを開いていたら興味も親近感も湧きますよね。

データを分析した結果、性別による興味深い差異が明らかになった。まず、男性と女性では、ティンダーで潜在的な相手と関わるとき、まったく異なる戦略を使う。男性は見た女性の大半を気に入る傾向があるが、気に入った女性からマッチを獲得する率は0.6%にすぎない。

Tinderというアプリをご存知だろうか?
簡単に言ってしまえば出会い系アプリなのだが、いま欧米の若者の間で使わない人はいないと言われる人気のアプリらしい。
ユーザー数は5000万人を越え、社会現象になっているのだ。

米商務省は9月18日、中国企業が提供するアプリ「ティックトック(TikTok)」と「ウィーチャット(WeChat)」について、9月20日以降、米国国内でのダウンロードを禁止する命令を発表した。だが、命令は実行されなかった。

これは、男性同性愛者がティンダーで重要な役割を果たしていることを示している。研究者は「同性愛の男性は異性愛者の女性より相手を気に入ることにはるかに積極的です」と説明している。

トランプ政権は中国企業の「ウィーチャット」と「ティックトック」をプライバシー保護や国家安全保障の観点から禁止しようとしている。しかし、問題の深層にある未解決のより大きな問題に目を向けるべきである。

ティンダーはデートアプリの基本ルールを変革した。以前、大半のデートサービスは共通の関心事や年齢、将来設計といった広範な条件からデート相手を見つけていた。一方、ティンダーで大事なのは第一印象だけだ。

有料会員になることで、LIKEを無制限に送ることができます。無料会員の場合は、12時間毎に120回までの制限があるため、マッチ率の低いTinderではマッチできず、出会えない可能性があります。

人間が相手を選ぶ方法を何十年も研究してきた人類学者にとっては面白いテーマだ。考慮に入れる要因があまりにも多くこの分野の研究は難しい。だが、第一印象だけに頼るティンダーは現実よりはるかに単純な環境なので研究対象として興味をそそられる。しかも、ティンダーのデート相手探し戦略を研究した人はいない。

Tinderでは、有料会員になることで、アクティブユーザーが優先して表示されるようになるため、異性とのマッチ率が高くなります。

2012年、北米を中心に出会い系アプリ「ティンダー」(Tinder)がインターネットに新しい流行の嵐を起こした。ティンダーは、近隣にいるデート相手候補の写真をユーザーに見せる。ユーザーは写真を気に入れば右にスワイプ、気に入らなければ左にスワイプする。2人のユーザーが互いを気に入れば、アプリに組み込まれたメッセージングサービスで2人が連絡を取れる。

フィードバックループの行き着く先の1つは、男性が結局は見た女性すべてを気に入ることになるのに対して、女性はだれかを気に入れば必ずマッチが保証されることだ。その場合、ティンダーは実質的に崩壊する。