出会い系

With トーク 通知

With トーク 通知

未返信通知が発動する際にKARTEには自動的にKARTE Talkログイベントが発生します。これをトリガーとして自動返信メッセージを配信させる設定となります。

1対1の「トーク」はもちろん、1対複数人の「トークルーム」を作成してのグループチャットができます。プロジェクト単位、部課単位など、目的別にトークルームを作成できます。

タスクの期日を設定することでアラートが通知されます。

トークルームはその内容や役割の変化に応じて、トークルームメンバーの追加・削除を行うことができ、トークルーム名も変更できます。トークルームに途中から参加をしても、過去の履歴をすべて閲覧することができます。

頻繁にやりとりする相手は「お気に入り」から、トークで利用した「グループ」一覧も『全社員リスト』を開けば簡単に検索・確認することができます。もちろん、氏名や部署・チームからの検索も可能。

Android手順②
LINEと連動しているアプリの一覧が表示されたら、通知をオフにしたいアプリを選んでチェックボックスを外す、もしくはオンの状態をオフにします。
これで、LINE連動アプリの通知をオフにする手順は完了です。

相手がオフラインでもメッセージの送信ができます。またメッセージ削除機能により、自分が送信したメッセージを削除することができ、削除したメッセージは他のユーザからも閲覧不可となります。閲覧中トークの通知機能は、チャット画面でスクロールしながら過去のメッセージを見ている時に、閲覧中のトークに新着メッセージが届くと、画面下部に通知が表示されます。

1対1の「トーク」はもちろん、1対複数人の「トークルーム」を作成してのグループチャットができます。

トークの受信を止めるには、トークルームの設定から「ブロック」。

InCircleの設定で通知のON・OFFを変えることができます。さらに「トーク」毎に、「トークルーム」毎で、Push通知の有無を内容や緊急度に応じて変えることが可能です。

iOS手順①
「設定」画面の「通知」をタップし、「通知」画面の下にある「連動アプリ」をタップします。

通知内容の設定変更を行うときは、withのアプリで下記の手順でできます。

Android手順①
「設定」画面の「通知」をタップし、「通知」画面の下にある「連動アプリ」をタップします。

トークメンバーが自分の発信したメッセージを確認したかどうか、マークでチェックすることができます。

アップルウォッチをお使いのお客様なら、 iPhone上のInCircle通知がApple Watchの通知メッセージにも表示されます。文字数に制限がありますが、トークを簡単に確認することができます。