出会い系

長い歴史を持つ老舗の出会い系アプリ

使用するアプリを間違えると誰かやっても出会えません

マッチングアプリってどうなのでしょうか?あまり出会えるとは思えない物が多い気もします。

中にはまともな会員も少なくサクラや業者が蔓延しているマッチングアプリもあると聞きます。

しかし、ここ数年の間に、マッチングアプリという新たな分野が広がり始めており、インターネットでの出会い、というのが一般的になりつつあります。実はアメリカではネットを通した出会いというのはかなり一般的になってきており、結婚した人の1/3がネットを通した出会いだという調査結果もあるほどです。

アプリによりますよ。
有名どころのPairsやOmiaiは比較的出会いやすいです。

ミクシィグループ運営の婚活アプリ。特にユーザーの真剣度が高い印象があります。プロフでは「共働きOK?」のように、結婚を見据えた質問が約20項目あり、相手との「結婚観の不一致」を招きづらいのも魅力です。

ミクシィグループが運営する出会い系アプリ。日記やコミュニティなどコミュニケーション機能が多く、会話のきっかけが多いのが魅力です。時間をかけてじっくり仲良くなっていきたい人におすすめ。

マッチングアプリではないですが、SNSやネットでの出会いで結婚に至った夫婦は他にも何組か周りにいます。私自身も現在ペアーズで出会った男性と交際中ですが、このままいけば結婚するかなといったところです。

もちろん、マッチングアプリによって特徴が異なります。どのアプリでも同じように使うのではなく、それぞれのアプリにあった戦略や使い方をすることで、よりマッチング率があがります。

「マッチングアプリで出会えなかった」と言ってる人のほとんどは、すぐ諦めてしまった人たちです。経験上、結果が出るには最低でも1ヶ月はかかります。その1ヶ月間で「自分のメールのどこが悪い?」「プロフィールを変えた方がいい?」など振り返るうちに、コツが掴めて結果にも表れ始めます。

長い歴史を持つ老舗の出会い系アプリ。30代以上のユーザーに特に人気が高く、画面デザインも昔ながらの分かりやすいものです。ASOBOの名前の通り、遊び相手を探すユーザーが多く、即遊べる相手を求めている男女が多い印象。初回登録時にもらえるポイントが非常に多いのが特徴で、合計で「メール26通分」ももらえます。お試し感覚でも十分に使えるのは嬉しいところ。

使用するアプリを間違えると誰かやっても出会えません。

『タップル誕生』や『Pairs』などコミュニティ機能があるアプリでは、なるべく多くのコミュニティに入るのがおすすめ。

国内最大規模である約1000万人が利用するPairs。外国人の利用者も多く見られ、十分に出会いのキッカケを得られるアプリです。「居住地:東京 出身地:アメリカ」のような条件を指定して、相手を探すことが可能。出身地も100以上の国を指定でき、自分の理想に近い相手を探しやすいと言えるでしょう。また「外国人と恋愛したい人」が集まるコミュニティの数や所属するユーザーも多く、日本人と外国人が出会いやすい環境が整っています。

ペアーズとは別のアプリですが、アプリで知り合った人と付き合ってもうすぐ3年になります。

約1000万人のユーザーの多くが「結婚をさほど意識しない恋人探し」に利用する国内最大級の恋活アプリ。恋活をするなら、まず間違いのない環境となっています。またPairsには、共通の趣味や価値観をもった相手がわかる「コミュニティ」が充実。共通の趣味を通じてメッセージを始められ、話し下手な人でも話のキッカケを掴みやすくなっています。「恋愛経験少ないです」といったコミュニティもあるので、恋愛に不慣れなのを最初からオープンにしてしまえば、理解してくれる人とだけマッチングできておすすめです。