出会い系

マッチングアプリは知り合いにバレる?身バレを防ぐ方法とは?

マッチングアプリは目的に合わせて選ぼう!

マッチングアプリには、まだ結婚を見据えておらず、遊び相手探しが目的の利用者も少なからずいます。

マッチングアプリや合コンの場合、可能性としては少ないものの女性側が職業や身元を偽ってる確率も0ではありません。しかしきちんとした婚活パーティーであれは、参加にあたり「看護師免許の提示が必要」など、徹底した管理のため安心して参加することが可能です。

メンタリストDaiGoが監修するマッチングアプリ「with」のデータによると、実際にマッチングアプリで彼氏・彼女ができた人は、登録してから【女性が平均3ヶ月・男性が平均4ヶ月】でカップル成立まで漕ぎつけているようです。

マッチングアプリなどで知り合った場合でも、お互いが婚活をしていたことにはかわりありません。

マッチングアプリは知り合いにバレる?身バレを防ぐ方法とは?

マッチングアプリは目的に合わせて選ぼう!

そして、現在もマッチングアプリを利用していると答えたのは男女ともに10%前後になっているので、利用経験のある人のうち約3割が現在もアプリを使用しているということになります。

そもため、20代・30代の方の場合、友人などには比較的マッチングアプリの利用を打ち明けやすいでしょう。

マッチングアプリを使用して交際相手を探す上では、初対面の相手と恋愛関係を築いていかなければなりません。

お見合いやお節介おばさんの存在が希少な昨今、若年層はマッチングアプリを使用している人は多く、そして今後も増え続ける見通しです。

オフラインよりも圧倒的に出会えるマッチングアプリですが、もちろんインストールしておけば勝手に出会えるというわけではありません。

さらに女性の利用は無料なサービスが多いので、他の婚活サービスより比較的利用者の平均年齢が若いのもマッチングアプリの特徴です。競争率が激しく、また恋愛目的の利用者が多いという難点もありますが、20代や年下の看護師を狙いたい場合にもアプリは狙い目の婚活方法です。

それでは、マッチングアプリを介して交際相手を見つけた人々は、「①どのくらいの期間」で、「②どのくらいの人数とマッチング」した結果、交際関係にまで発展する相手と出会えるのでしょうか。

電子コミック配信サービス「めちゃコミック」の調査によると、20~30代では実に5人に1人が、マッチングアプリを主としたSNS恋愛の経験者だということです。

結論としては、マッチングアプリを使用すれば、彼氏・彼女と付き合える可能性は十分にある!といえます。